のぶさんのデジカメ散歩

リタイア後の気侭な人生、デジカメ散歩を謳歌してます。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

旧神谷伝兵衛別荘

この建物は、ワイン王として知られる初代神谷伝兵衛(1856~1922)が、晩年の大正7年に、来賓用の別荘として建てた鉄筋コンクリートつくりの洋館です。建物は1階が洋室で2階が和室の和洋折衷の造りになっております。
コンクリート構造の建物としては市内で最も古く、 国登録有形文化財に指定されています。昭和初期に流行するモダニズム建築への変化をうかがわせる特徴を持っています。  

旧神谷伝兵衛別荘 20170511-001

旧神谷伝兵衛別荘 20170511-002

旧神谷伝兵衛別荘 20170511-003

旧神谷伝兵衛別荘 20170511-004

旧神谷伝兵衛別荘 20170511-005

旧神谷伝兵衛別荘 20170511-006

旧神谷伝兵衛別荘 20170511-007

旧神谷伝兵衛別荘 20170511-007-02

旧神谷伝兵衛別荘 20170511-008

旧神谷伝兵衛別荘 20170511-009


旧神谷伝兵衛別荘:千葉市稲毛区
Panasonic LUMIX DC- FZ85 光学60倍ズーム f=3.58mm ~215mm (35mmフイルムカメラ換算 20mm-1200mm)
2017.05.11 撮影
【 2017/05/15 (Mon) 】 千葉散歩 | TB(0) | CM(0)

アップダウンの道路

私の住む住宅街の中央を縦断するバス通りを、通称:「東大グランド通り」というアップダウンに富んだ道があります。
一枚目の写真左側に東京大学検見川総合運動場が広がり、グランド北側に隣接して住宅街があります。
運動場全体が起伏に富んだ地形となっており、1964年東京五輪では、起伏を活かして近代五種のうちクロスカントリーのコースとして使用されたました。 また、サッカー日本代表の合宿地としても有名で、福島県のJ-1ヴィレッジが整備されるまで検見川グランドが日本代表の合宿所であったようです。

バス通り 20170324-000

バス通り 20170324-001

バス通り 20170324-002

バス通り 20170324-003

バス通り 20170324-004

バス通り 20170324-005


東大グランド通り : 千葉市花見川区
FinePix HS50
2017.03.20 撮影
【 2017/03/28 (Tue) 】 千葉散歩 | TB(0) | CM(0)

花見川の野鳥

花見川には多くの野鳥が飛来し生息しており、野鳥撮影のカメラマンにときおり出会うことがあります。三脚に超望遠レンズ装着した一眼デジカメを固定し撮影ポイントで辛抱強く野鳥の飛来を待ち続ける姿には敬意を表します。
この日は、たまたま、名のわからぬ小鳥とカワウに出会い撮ったものです。


水鳥 20170324-001

水鳥 20170324-002

水鳥 20170324-003

水鳥 20170324-004


自宅周辺 : 千葉市花見川区
FinePix HS50
2017.03.20 撮影
【 2017/03/27 (Mon) 】 千葉散歩 | TB(0) | CM(0)

稲毛の浜


久しぶりの千葉市花の美術館に出掛けた帰りに隣接の稲毛の浜へ。この時期の稲毛の浜は、平日とあって数組の中年や親子・若者カップルが波打ち際を散策しておりました。左方向を眺めますと、川鉄千葉製鉄所の愛称で呼ばれた現在のJFEスチール東日本製鉄所が彼方に見えます。また、沖合には貨物船や漁船などを見ることができます。
波打ち際では、親子や若いカップルが何やら楽しげです。

稲毛の浜 20170316-001-02

稲毛の浜 20170316-002

稲毛の浜 20170316-003

稲毛の浜 20170316-004

稲毛の浜 20170316-005

稲毛の浜 20170316-006

稲毛の浜 20170316-007

稲毛の浜 20170316-008

稲毛の浜 20170316-009


稲毛の浜 : 千葉市美浜区
Panasonic LUMIX DMC-TZ85 光学30倍ズーム f= 4.3mm ~129mm (35mmフイルムカメラ換算 24mm-720mm)
2017.03.16 撮影
【 2017/03/23 (Thu) 】 千葉散歩 | TB(0) | CM(0)

御宿つるし雛めぐり ③

つるし雛会場を出て、夏は房総半島屈指の海水浴場となる砂浜に通ずる小さな橋を渡ります。ビーチに出ると月の砂漠像があります。
この像は、月の沙漠という歌のモデルになった場所だそうで、アラビア風のラクダに乗った王子と王女の銅像が建っています。 砂漠ということですが、すぐそばが海なのでちょっとちぐはぐな感じですが、ここ御宿のシンボルとなっております。
また、JR御宿駅:外房線ホームの先端に海女像があります。

つるし雛めぐり 20170228-021

つるし雛めぐり 20170228-022

つるし雛めぐり 20170228-023

つるし雛めぐり 20170228-024

つるし雛めぐり 20170228-025

つるし雛めぐり 20170228-026

つるし雛めぐり 20170228-027

つるし雛めぐり 20170228-028

つるし雛めぐり 20170228-029

つるし雛めぐり 20170228-030


御宿町市街 : 千葉県御宿町
Panasonic LUMIX DMC-TZ85 光学30倍ズーム f= 4.3mm ~129mm (35mmフイルムカメラ換算 24mm-720mm)
2017.02.28 撮影
【 2017/03/12 (Sun) 】 千葉散歩 | TB(0) | CM(0)

御宿つるし雛めぐり ②

つるし雛をこれほど多く見たことははじめての体験です。雛人形にとどまらず、野菜や魚といった生活に密着したものを手作りして飾り付ける実に素朴で心温まるものが多くあります。

つるし雛めぐり 20170228-011

つるし雛めぐり 20170228-012

つるし雛めぐり 20170228-013

つるし雛めぐり 20170228-014

つるし雛めぐり 20170228-015

             つるし雛めぐり 20170228-016

つるし雛めぐり 20170228-017

つるし雛めぐり 20170228-018

つるし雛めぐり 20170228-019

つるし雛めぐり 20170228-020


御宿町市街 : 千葉県御宿町
Panasonic LUMIX DMC-TZ85 光学30倍ズーム f= 4.3mm ~129mm (35mmフイルムカメラ換算 24mm-720mm)
2017.02.28 撮影
【 2017/03/11 (Sat) 】 千葉散歩 | TB(0) | CM(0)

御宿つるし雛めぐり ①

勝浦市役所前からの無料シャトルバスで御宿町へ。今回で11回目となる、つるし雛めぐりのメイン会場となる、月の砂漠記念館横に到着。
メイン会場の月の沙漠記念館をはじめとして町内の協賛商店に、小さくてかわいい様々な形をした雛を飾ります。つるし雛は一つ一つが思いを込めた手作りです。特にメイン会場に飾られた色とりどりのつるし雛は圧巻です。

つるし雛めぐり 20170228-001

つるし雛めぐり 20170228-002

つるし雛めぐり 20170228-003

つるし雛めぐり 20170228-004

つるし雛めぐり 20170228-005

つるし雛めぐり 20170228-006

つるし雛めぐり 20170228-007

つるし雛めぐり 20170228-008

             つるし雛めぐり 20170228-009

つるし雛めぐり 20170228-010


御宿町市街 : 千葉県御宿町
Panasonic LUMIX DMC-TZ85 光学30倍ズーム f= 4.3mm ~129mm (35mmフイルムカメラ換算 24mm-720mm)
2017.02.28 撮影
【 2017/03/10 (Fri) 】 千葉散歩 | TB(0) | CM(0)

勝浦ビッグひな祭り 2017 ⑧

芸術文化交流センターの大ホールに入りますとホール観覧席全体を埋め尽くす段飾り壮観の一語に尽きます。
大オールに隣接の中ホールには、日本最大級と言われる享保風雛(15体段飾り)が飾られておりました。

008  勝浦ひな祭り 20170228-071

008  勝浦ひな祭り 20170228-072

008  勝浦ひな祭り 20170228-073

008  勝浦ひな祭り 20170228-074

008  勝浦ひな祭り 20170228-075

008  勝浦ひな祭り 20170228-076

008  勝浦ひな祭り 20170228-077

008  勝浦ひな祭り 20170228-078

008  勝浦ひな祭り 20170228-079

008  勝浦ひな祭り 20170228-080

008  勝浦ひな祭り 20170228-081

008  勝浦ひな祭り 20170228-082


勝浦市街 : 千葉県勝浦市
Panasonic LUMIX DMC-TZ85 光学30倍ズーム f= 4.3mm ~129mm (35mmフイルムカメラ換算 24mm-720mm)
2017.02.28 撮影
【 2017/03/08 (Wed) 】 千葉散歩 | TB(0) | CM(0)

勝浦ビッグひな祭り 2017 ⑦

覚翁寺山門を出て左折して道なりに5分ほど進むと市役所への入口表示板があり左折して小高い丘を上ると市役所庁舎があります。その隣接地に、2015年竣工の勝浦市芸術文化交流センターがあり、ビックひな祭りの会場となっておる。ここだけが@300円の入場料を払う有料となります。広い会場には、日本最大級の享保風雛(15体段飾り)、ホール一面の段飾り、豪華絢爛の御殿雛、竹飾り、また、貴重なひな人形などが飾られております。

007  勝浦ひな祭り 20170228-061

007  勝浦ひな祭り 20170228-062

007  勝浦ひな祭り 20170228-063

007  勝浦ひな祭り 20170228-064

007  勝浦ひな祭り 20170228-065

007  勝浦ひな祭り 20170228-066

007  勝浦ひな祭り 20170228-067

007  勝浦ひな祭り 20170228-068

007  勝浦ひな祭り 20170228-069

007  勝浦ひな祭り 20170228-070


勝浦市街 : 千葉県勝浦市
Panasonic LUMIX DMC-TZ85 光学30倍ズーム f= 4.3mm ~129mm (35mmフイルムカメラ換算 24mm-720mm)
2017.02.28 撮影
【 2017/03/07 (Tue) 】 千葉散歩 | TB(0) | CM(0)

勝浦ビッグひな祭り 2017 ⑥

遠見岬神社の大鳥居を出て右折し直進した突当りが覚翁寺山門前の特設雛段に約800体の人形が飾られております。
浄土宗の寺院である覚翁寺は、勝浦朝市の歴史を示す定書が奉納されていて、勝浦藩主であった植村家の菩提寺。寛永11年(1634年)勝浦城主植村泰勝が死去した時、勝浦城内にあった浄林寺をここに移し、泰勝の幼名覚翁丸をとって出水山覚翁寺としたという。
 境内には植村氏三代泰朝、四代忠朝、五代正朝の墓宝筺印塔(ほうきょういんとう)があり、市指定文化財となっています。また、本堂には江戸彫刻の名人といわれている通称・波の伊八(武志伊八郎信由)の欄間が残されています。

006  勝浦ひな祭り 20170228-052

006  勝浦ひな祭り 20170228-053

006  勝浦ひな祭り 20170228-054

006  勝浦ひな祭り 20170228-055

006  勝浦ひな祭り 20170228-056

006  勝浦ひな祭り 20170228-057

006  勝浦ひな祭り 20170228-058

006  勝浦ひな祭り 20170228-059

             006  勝浦ひな祭り 20170228-060

             006  勝浦ひな祭り 20170228-051


勝浦市街 : 千葉県勝浦市
Panasonic LUMIX DMC-TZ85 光学30倍ズーム f= 4.3mm ~129mm (35mmフイルムカメラ換算 24mm-720mm)
2017.02.28 撮影
【 2017/03/06 (Mon) 】 千葉散歩 | TB(0) | CM(0)
黒ねこ時計 くろック B03
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

のぶさん

Author:のぶさん
のぶさんのブログへようこそ!
Doblog から引越し、早いもので6年を経過し、訪問者も延べ10万人を超え喜んでおります。
千葉市に住み39年、気侭にデジカメ散歩を楽しむ、のぶさんは、孫から、ジイジと呼ばれております。
これからも、元気の証としてブログに写真投稿を続けます。(2015.06.16)

写真は、桔梗の花 
 2010.07.08 撮影

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード