のぶさんのデジカメ散歩

リタイア後の気侭な人生、デジカメ散歩を謳歌してます。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

日本の町並み散歩 鈴鹿長宿(神奈川県座間市) ④

今回の鈴鹿・長宿の町並み散歩は、何ともさまにならぬコースでした。
『日本の町並み250』(山と渓谷社)は、重要伝統的建造物群保存地区をすべて収録したとありますが、何か選定基準や内容に疑問を感じてなりません。こうしたコースがこれからいくつかあるかも知れませんね。

            004 鈴鹿の小径 20140722-018

            004 鈴鹿の小径 20140722-019

004 鈴鹿の小径 20140722-020

005 円教寺 20140722-001

005 円教寺 20140722-002

005 円教寺 20140722-003

005 円教寺 20140722-004

006 ホタル公園 20140722-001

007 彫像 20140722-001

007 彫像 20140722-002

007 彫像 20140722-003

008 鈴鹿の小径 20140722-021

009 ランチタイム 20140722-001

009 ランチタイム 20140722-002


神奈川県座間市
LUMIX GH3 14mm-140mm
2014.07.22 撮影
【 2014/07/26 (Sat) 】 日本の町並み | TB(0) | CM(0)

日本の町並み散歩 鈴鹿長宿(神奈川県座間市) ③

散策マップを見ると、マップのある場所から二方向に延びる赤線部分の小規模地域が町並みと言えそうです。
これといった建物がある訳でなく、小径の脇を清らかな湧水が流れる実に平凡な田舎風景です。

004 鈴鹿の小径 20140722-007

004 鈴鹿の小径 20140722-008

            004 鈴鹿の小径 20140722-009

            004 鈴鹿の小径 20140722-010

004 鈴鹿の小径 20140722-011

004 鈴鹿の小径 20140722-012

004 鈴鹿の小径 20140722-013

            004 鈴鹿の小径 20140722-014

            004 鈴鹿の小径 20140722-015

004 鈴鹿の小径 20140722-016


神奈川県座間市
LUMIX GH3 14mm-140mm
2014.07.22 撮影
【 2014/07/25 (Fri) 】 日本の町並み | TB(0) | CM(0)

日本の町並み散歩 鈴鹿長宿(神奈川県座間市) ②

鈴鹿明神社の北に広がる入谷1丁目辺りは、昔から鈴鹿・長宿と呼ばれる「湧水と歴史の里」。龍源水や香神水が流れ、石積の生垣や白壁土蔵が連なる、小径を歩きます。

003 鈴鹿の泉 20140722-000

003 鈴鹿の泉 20140722-001

003 鈴鹿の泉 20140722-002

003 鈴鹿の泉 20140722-003

004 鈴鹿の小径 20140722-001

004 鈴鹿の小径 20140722-002

004 鈴鹿の小径 20140722-003

004 鈴鹿の小径 20140722-004

004 鈴鹿の小径 20140722-005

004 鈴鹿の小径 20140722-006


神奈川県座間市
LUMIX GH3 14mm-140mm
2014.07.22 撮影
【 2014/07/24 (Thu) 】 日本の町並み | TB(0) | CM(0)

日本の町並み散歩 鈴鹿長宿(神奈川県座間市) ①

梅雨が明け本格的な夏がやってきました。NHKの朝ドラを観た後、自宅を出発。
自宅のあるJR駅から中央・総武線で新宿へ。小田急小田原線に乗り換え座間駅で下車。徒歩20分程で鈴鹿長宿にある、鈴鹿明神社に到着。
鈴鹿明神社の由緒は、遠く第二十九代欽明天皇の御代に創祀せられたという。
伝説によると、伊勢の鈴鹿郷の神社例祭に神輿が海上を渡御した折、にわかの暴風に襲われ、漂流して相模国入海の東峯に漂着した。里人が社を創立してこれを鎮守とし、鈴鹿大明神と崇め奉ったと伝えられている。

001 座間駅 20140722-001

001 座間駅 20140722-002

002 鈴鹿明神社 20140722-001

002 鈴鹿明神社 20140722-002

002 鈴鹿明神社 20140722-003

002 鈴鹿明神社 20140722-004

002 鈴鹿明神社 20140722-005

002 鈴鹿明神社 20140722-006

002 鈴鹿明神社 20140722-007

002 鈴鹿明神社 20140722-008


神奈川県座間市
LUMIX GH3 14mm-140mm
2014.07.22 撮影
【 2014/07/23 (Wed) 】 日本の町並み | TB(0) | CM(0)

日本の町並み散歩 鎌倉(神奈川県鎌倉市) ⑦

上の境内には、鎌倉の海と街並みが一望できる見晴台と、傾斜地を利用した眺望散策路があり、鎌倉でも有数の景勝地となっております。また、眺望散策路の周辺には40種類以上約2500株のアジサイが群生しており、梅雨の季節には眺望はもとより「アジサイの径(こみち)」として散策も楽しむことができます。
最後に、ランチで食べたしらす丼を添付します。

007 長谷寺 20140616-062

007 長谷寺 20140616-061

007 長谷寺 20140616-063

007 長谷寺 20140616-064

007 長谷寺 20140616-065

007 長谷寺 20140616-066

007 長谷寺 20140616-067

007 長谷寺 20140616-068

007 長谷寺 20140616-069

007 長谷寺 20140616-070

007 長谷寺 20140616-071


神奈川県鎌倉市
LUMIX GH3 14mm-140mm
2014.06.16 撮影
【 2014/06/23 (Mon) 】 日本の町並み | TB(0) | CM(0)

日本の町並み散歩 鎌倉(神奈川県鎌倉市) ⑥

長谷寺は、観音山の裾野に広がる下境内と、その中腹に切り開かれた上境内の二つに境内地が分かれており、入山口でもある下境内は、妙智池と放生池の2つの池が配され、その周囲を散策できる回遊式庭園となっております。また、その周辺にとどまらず、境内全域は四季折々の花木に彩られ、通年花の絶えることのないその様相は、「鎌倉の西方極楽浄土」と呼ぶに相応しい風情を呈しております。
上の境内には、本尊である十一面観音菩薩像(長谷観音)が安置される観音堂をはじめ、諸堂が建ち並んでおります。

006 長谷寺 20140616-051

006 長谷寺 20140616-052

006 長谷寺 20140616-053

006 長谷寺 20140616-054

006 長谷寺 20140616-055

006 長谷寺 20140616-056

006 長谷寺 20140616-057

006 長谷寺 20140616-058

006 長谷寺 20140616-059

006 長谷寺 20140616-060


神奈川県鎌倉市
LUMIX GH3 14mm-140mm
2014.06.16 撮影
【 2014/06/22 (Sun) 】 日本の町並み | TB(0) | CM(0)

日本の町並み散歩 鎌倉(神奈川県鎌倉市) ⑤

鎌倉市街の実に明解な都市軸を構成している道路がある。南の由比ケ浜の海岸から、北の山すそにある鶴ケ岡八幡宮にむけて一直線の大通りが若宮大路とよばれ、幅員20メートル余り、長さ約1.8キロメートルで、古都の道路はいずれも曲り、狭いなかで、異彩をはなっている。
 この道は、1182年の春、源頼朝が妻政子の安産を祈願して崇敬する鶴ケ岡八幡宮の参詣道として築いて寄進したと「吾妻鏡」に記されている。頼朝自身で指揮し、東国武士団の諸将が石などを運んだという。現在も残る段葛(だんかつら)とよばれる道路中央部の盛土とその土止めの石による堤がそれを偲ばせます。
その段葛沿いの商店街を後にしてJR鎌倉駅前の路線バスでアジサイの名所:長谷寺に向かう。

005 鎌倉界隈 20140616-041

005 鎌倉界隈 20140616-042

005 鎌倉界隈 20140616-043

005 鎌倉界隈 20140616-044

005 鎌倉界隈 20140616-045

005 鎌倉界隈 20140616-046

005 鎌倉界隈 20140616-047

005 鎌倉界隈 20140616-048

005 鎌倉界隈 20140616-049

             005 鎌倉界隈 20140616-050


神奈川県鎌倉市
LUMIX GH3 14mm-140mm
2014.06.16 撮影
【 2014/06/21 (Sat) 】 日本の町並み | TB(0) | CM(0)

日本の町並み散歩 鎌倉(神奈川県鎌倉市) ④

拝殿での参拝を済ませ、本宮(上宮)周囲の建築物を拝観し石段を下りる。石段脇にあった、樹齢1000年といわれる大銀杏が、平成22年(2010年)3月10日未明、雪混じりの強風によって倒伏しました。倒伏した樹幹部分は、再生可能な高さ4メートルに切断し、元の場所よりすぐ脇に据え付けられました。
源平池は、春は桜、夏は紅白の蓮の花が見事に咲き、多くの参拝者の憩い場所となっています。 また、東の島に旗上弁財天社があり、ここも参拝し鶴岡八幡宮を後にし、若宮大路沿い商店街(右側)をデジカメ散歩をします。

004 鎌倉界隈 20140616-031

004 鎌倉界隈 20140616-032

004 鎌倉界隈 20140616-033

004 鎌倉界隈 20140616-034

004 鎌倉界隈 20140616-035

            004 鎌倉界隈 20140616-036

004 鎌倉界隈 20140616-037

004 鎌倉界隈 20140616-038

004 鎌倉界隈 20140616-039

004 鎌倉界隈 20140616-040


神奈川県鎌倉市
LUMIX GH3 14mm-140mm
2014.06.16 撮影
【 2014/06/20 (Fri) 】 日本の町並み | TB(0) | CM(0)

日本の町並み散歩 鎌倉(神奈川県鎌倉市) ③

三の鳥居を抜けると境内に入り太鼓橋があります。鶴岡八幡宮は、鎌倉八幡宮とも呼ばれます。
武家源氏、鎌倉武士の守護神。鎌倉初代将軍源頼朝ゆかりの神社として全国の八幡社の中では知名度が高く、近年では三大八幡宮の一社に入ることがあります。大石段を上ると本宮(上宮)がありますが、正面が工事用シートで覆われております。

003 鎌倉界隈 20140616-021

003 鎌倉界隈 20140616-022

003 鎌倉界隈 20140616-023

003 鎌倉界隈 20140616-024

003 鎌倉界隈 20140616-025

003 鎌倉界隈 20140616-026

003 鎌倉界隈 20140616-027

003 鎌倉界隈 20140616-028

003 鎌倉界隈 20140616-029

003 鎌倉界隈 20140616-030


神奈川県鎌倉市
LUMIX GH3 14mm-140mm
2014.06.16 撮影
【 2014/06/19 (Thu) 】 日本の町並み | TB(0) | CM(0)

日本の町並み散歩 鎌倉(神奈川県鎌倉市) ②

現在の若宮大路(段葛)の両側は、一車線一方通行車道として舗装され、道の両側の歩道も広く綺麗に整備されており、鎌倉彫りの老舗をはじめ様々な店が並びます。古き建物の店舗や、現代風の店舗が混在した商店街を歩くのも、また楽しいものです。

002 鎌倉界隈 20140616-011

002 鎌倉界隈 20140616-012

002 鎌倉界隈 20140616-013

002 鎌倉界隈 20140616-014

002 鎌倉界隈 20140616-015

002 鎌倉界隈 20140616-016

002 鎌倉界隈 20140616-018

002 鎌倉界隈 20140616-019

002 鎌倉界隈 20140616-020

002 鎌倉界隈 20140616-017


神奈川県鎌倉市
LUMIX GH3 14mm-140mm
2014.06.16 撮影
【 2014/06/18 (Wed) 】 日本の町並み | TB(0) | CM(0)
黒ねこ時計 くろック B03
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

のぶさん

Author:のぶさん
のぶさんのブログへようこそ!
Doblog から引越し、早いもので6年を経過し、訪問者も延べ10万人を超え喜んでおります。
千葉市に住み39年、気侭にデジカメ散歩を楽しむ、のぶさんは、孫から、ジイジと呼ばれております。
これからも、元気の証としてブログに写真投稿を続けます。(2015.06.16)

写真は、桔梗の花 
 2010.07.08 撮影

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード