のぶさんのデジカメ散歩

リタイア後の気侭な人生、デジカメ散歩を謳歌してます。
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

花いろいろ ③

裏庭のバラガーデンに咲く春バラを撮ってみました。

花の美術館 20170514-016

花の美術館 20170514-015

花の美術館 20170514-014

花の美術館 20170514-013

花の美術館 20170514-012

花の美術館 20170514-011


千葉市花の美術館:千葉市美浜区
Panasonic LUMIX DC- FZ85 光学60倍ズーム f=3.58mm ~215mm (35mmフイルムカメラ換算 20mm-1200mm)
2017.05.14 撮影
【 2017/05/20 (Sat) 】 千葉市花の美術館 | TB(0) | CM(0)

花いろいろ ②

館内外で見つけた花たちです。複数枚撮影しておりますが、あえて一枚のみの掲載とします。

花の美術館 20170514-006
オダマキは、現在の日本で西洋オダマキと呼ばれているものは、ヨーロッパ原産のアクイレギア・ブルガリスと北米産の大輪の花を咲かせる数種との交配種をさすようになっています。オダマキの仲間はもともと雑種をつくりやすいこともあって、きわめて多数の園芸品種がありますが、多くの場合、国内では個々の品種名を明記せずに色別や混合種子の形で流通しています。

花の美術館 20170514-008
ジギタリスは、ベル形の花を穂状につけ、すらっと優雅に花茎を伸ばす姿は、洋風ガーデンで人気があります。本来は宿根草ですが、耐暑性が弱く、暖地では半日陰に植えても夏に枯死することが多いため、多くは二年草として扱われます。開花のためにはある程度の大きさに達した苗が冬の低温にあう必要があるため、タネを秋まきして翌々年の春に咲かせるか、または春まきして、翌春に咲かせます。秋または早春にロゼット状態の苗を入手して植えつけることもできます。
全草に毒性がありますが、薬草としても知られ、強心利尿薬として利用されます。

花の美術館 20170514-007
ベニウツギは、タニウツギの園芸種、日当たりの良い庭などに植えられる落葉広葉低木で樹高2㍍~5㍍になる。株は根元から枝分かれして、樹皮は灰褐色で縦に粗く裂け、若い幹は濃褐色で白い班が目立つ。葉は単葉で対生し長さ5㌢~10㌢の楕円形~長楕円形で先は尖る、葉表は緑色で無毛、葉の裏は白緑色で細毛が見られ縁は波状で細鋸歯がある。花は枝先の葉腋に散形状につけ、花冠の直径約2.5㌢ 濃紅色の漏斗形で先は5中裂する。雄シベ5本は花筒の内側に沿い、白い雌シベの柱頭が花弁の外に出て良く目立つ。

花の美術館 20170514-009
アイスランヂポピーは、日本で栽培されるポピー類としては、アイスランドポピーの他にヒナゲシ、オリエンタルポピーなどが一般的ですが、その中でも、最も早く開花するのがアイスランドポピーです。本来は宿根草ですが、夏の暑さに弱いので秋播き一年草として扱われます。

花の美術館 20170514-010
アヤメは、高さ30~60cm、葉はまっすぐに立ち、茎の先端に1~3輪の花を咲かせる多年草です。多数の茎が株立ちになり、短く這う根茎からは多数のひげ根が伸びています。湿地の植物のように思われていますが、低山から高原の明るい草原に見られる植物です。古くから栽培されていますが、ハナショウブやカキツバタほど園芸品種は生まれませんでした。


千葉市花の美術館:千葉市美浜区
Panasonic LUMIX DC- FZ85 光学60倍ズーム f=3.58mm ~215mm (35mmフイルムカメラ換算 20mm-1200mm)
2017.05.14 撮影
【 2017/05/18 (Thu) 】 千葉市花の美術館 | TB(0) | CM(0)

花いろいろ ①

千葉市にある植物園を、花の美術館と呼ばれております。この施設は、1995年8月25日から10月22日にかけて開催された、第12回全国都市緑化ちばフェアのテーマ館「花の美術館」として開設。緑化フェア閉幕後の1996年4月2日に、千葉市の緑化啓発の拠点として再開館した。 展示棟・温室・休憩棟(レストラン)と、屋外の前庭・中庭・後庭・脇庭で構成され、このうち前庭・後庭・脇庭は無料で観覧できる。館内・屋外庭園合わせて約1600種、48000株が植えられております。

鮮やかな赤やオレンジの小花を房状に付ける姿が熱帯の花木らしいエキゾチックな印象のサンタンカ(山丹花)をイクソラといい、2品種の花がありました。
花の美術館 20170514-005
花びらが赤く先端がとがった品種を、イクソラ・コッキニアと呼びます。

花の美術館 20170514-002
花びらが橙色で先端が丸っこい品種を、イクソラ・キネンシスと呼びます。

花の美術館 20170514-001
プルメリアは丈夫で、1年を通じて開花する性質があるため、熱帯花木を代表する種類として世界中の熱帯地域で広く植えられています。花には芳香があり、ハワイではレイにも使われます。

花の美術館 20170514-003
アンスリウムは、熱帯アメリカから西インド諸島に約600種が分布します。美しく着色するのは仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれる部分で、花はひも状の部分(肉穂花序:にくすいかじょ)に多数つき、小さくて目立ちません。

花の美術館 20170514-004
ナスタチウムは、ハスのような丸い葉をつけ、金色の花をつけることから、金蓮花(きんれんか)と呼ばれるようになりました。葉、花、果実、種子は辛みと酸味があって食用になり、サラダや彩りによく利用されます。花は一重、八重のものがあり、葉に斑が入る品種もあります。独特の香りでアブラムシを遠ざけるといわれ、コンパニオンプランツとして利用されることもあります。


千葉市花の美術館:千葉市美浜区
Panasonic LUMIX DC- FZ85 光学60倍ズーム f=3.58mm ~215mm (35mmフイルムカメラ換算 20mm-1200mm)
2017.05.14 撮影
【 2017/05/17 (Wed) 】 千葉市花の美術館 | TB(0) | CM(0)

千葉市花の美術館 その4


GW2日目は、花の撮影に植物園(千葉市花の美術館)に出掛けました。年間15回前後は出掛けており、60歳以上の千葉市民は市発行の身分証を提示することで無料で入館できます。その他の市立の動物公園や博物館・美術館などを利用できます。
 本日は、特に目新しい花はなく、エビネ愛好家が丹精込め育てたエビネ蘭を展示したエビネ展が開催されており鑑賞をする。

花の美術館 20160430-009

花の美術館 20160430-008

花の美術館 20160430-007

花の美術館 20160430-006

花の美術館 20160430-005

花の美術館 20160430-004

花の美術館 20160430-003

花の美術館 20160430-002

花の美術館 20160430-001-02

花の美術館 20160430-001


千葉市花の美術館 : 千葉市美浜区
Panasonic LUMIX DMC-TZ85 光学30倍ズーム f= 4.3mm ~129mm (35mmフイルムカメラ換算 24mm-720mm)
2016.04.30 撮影
【 2016/05/02 (Mon) 】 千葉市花の美術館 | TB(0) | CM(0)

千葉市花の美術館 その3

アトリウムフラワーガーデンでは、 ハッピーイースター!~ラビットガーデン~ と称してカラフルなたまごと春らんまんな草花あふれるお庭でウサギと一緒にイースターを祝う趣向の飾りつけをしております。

千葉市花の美術館 20160301-001

千葉市花の美術館 20160301-002

千葉市花の美術館 20160301-003

千葉市花の美術館 20160301-004

千葉市花の美術館 20160301-005

千葉市花の美術館 20160301-006

千葉市花の美術館 20160301-007

千葉市花の美術館 20160301-008

千葉市花の美術館 : 千葉市美浜区
Canon EOS 70D EF18-55mm.55-250mm
2016.03.01 撮影

【 2016/03/13 (Sun) 】 千葉市花の美術館 | TB(0) | CM(0)

千葉市花の美術館 その2

館内1階のアトリウムフラワーガーデンは、季節に応じた花々の寄せ植えで華やかさを演出しております。
また、前庭には、春の訪れを知らせるような、ナノハナ(菜の花)が植えられております。

寄せ植え 20150304-001

寄せ植え 20150304-002

寄せ植え 20150304-003

寄せ植え 20150304-004

寄せ植え 20150304-005

寄せ植え 20150304-006

寄せ植え 20150304-007

寄せ植え 20150304-008

寄せ植え 20150304-009


千葉市花の美術館 : 千葉市美浜区
CANON EOS M EFS 18-55mm 
2015.03.04 撮影
【 2015/03/12 (Thu) 】 千葉市花の美術館 | TB(0) | CM(0)

千葉市花の美術館 その1

端午の節句は過ぎてしまいましたが、館内の三カ所に飾られていたお雛様たちです。
花をまとったもの。マツボックリを使ったもの。樹脂粘土で作ったものなどがありました。
どれも素朴で心和むお雛様たちでした。

雛飾り 20150304-001

雛飾り 20150304-002

雛飾り 20150304-003

雛飾り 20150304-004

雛飾り 20150304-005

雛飾り 20150304-006

            雛飾り 20150304-007

雛飾り 20150304-008

雛飾り 20150304-009

            雛飾り 20150304-009-02

雛飾り 20150304-010

雛飾り 20150304-011

雛飾り 20150304-012

雛飾り 20150304-013


千葉市花の美術館 : 千葉市美浜区
CANON EOS M EFS 18-55mm 
2015.03.04 撮影
【 2015/03/11 (Wed) 】 千葉市花の美術館 | TB(0) | CM(0)
黒ねこ時計 くろック B03
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

のぶさん

Author:のぶさん
のぶさんのブログへようこそ!
Doblog から引越し、早いもので6年を経過し、訪問者も延べ10万人を超え喜んでおります。
千葉市に住み39年、気侭にデジカメ散歩を楽しむ、のぶさんは、孫から、ジイジと呼ばれております。
これからも、元気の証としてブログに写真投稿を続けます。(2015.06.16)

写真は、桔梗の花 
 2010.07.08 撮影

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード