のぶさんのデジカメ散歩

リタイア後の気侭な人生、デジカメ散歩を謳歌してます。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

信州の旅 その4

仲見世通りを過ぎて駒返り橋を渡り、山門に向かう途中の右側に六地蔵があります。
六地蔵は宝暦9年(1759)に造立しましたが、昭和17年の大戦で供出しており、現在のものは昭和29年(1954)に再興されたものです。 六地蔵の「六」は仏教の六道を表わしています。六道とは、地獄・餓鬼・畜生・阿修羅・人・天のことです。
次いで、手水舎で、参拝前に手を洗い口をすすいで身を清めた後に、本堂に 向かいます。
本堂は創建以来十数回もの火災に遭いましたが、そのたびに善光寺を慕う全国の信徒によって復興されてきました。現在の本堂は宝永四年(1707年)の再建で、江戸時代中期を代表する仏教建築として国宝に指定されています。間口約24メートル、奥行き約54メートル、高さ約26メートルという国内有数の木造建築で、T字型の棟の形が鐘を叩く撞木(しゅもく)に似ていることから「撞木造り」と呼ばれています。屋根は総檜皮(ひわだ)葺きです。本堂参拝後、鐘楼三重の塔をデジカメで撮影する。
その後に、大勧進にといわれるエリアにある萬善堂や護摩堂などを巡り、本堂前の回向柱に触れて無病息災を願う。
回向柱とは、卒塔婆の一種で、御開帳期間中に本堂前に立てられる高さ約10mの柱です。前立本尊の御手と「善の綱」によって結ばれるため、前立本尊に触るのと同じ御利益あるといわれます。

004 信州の旅 20150421-001

004 信州の旅 20150421-002

004 信州の旅 20150421-003

004 信州の旅 20150421-004

004 信州の旅 20150421-005

            004 信州の旅 20150421-006

004 信州の旅 20150421-007

004 信州の旅 20150421-008

004 信州の旅 20150421-009

004 信州の旅 20150421-010

            004 信州の旅 20150421-011

004 信州の旅 20150421-012

004 信州の旅 20150421-013

004 信州の旅 20150421-014

004 信州の旅 20150421-015

            004 信州の旅 20150421-016

            004 信州の旅 20150421-017

004 信州の旅 20150421-018

004 信州の旅 20150421-019

004 信州の旅 20150421-020


長野県長野市
EOS M3 18mm-55mm、55mm-200mm
2015.04.21 撮影
【 2015/04/28 (Tue) 】 信州の旅 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

黒ねこ時計 くろック B03
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

のぶさん

Author:のぶさん
のぶさんのブログへようこそ!
Doblog から引越し、早いもので6年を経過し、訪問者も延べ10万人を超え喜んでおります。
千葉市に住み39年、気侭にデジカメ散歩を楽しむ、のぶさんは、孫から、ジイジと呼ばれております。
これからも、元気の証としてブログに写真投稿を続けます。(2015.06.16)

写真は、桔梗の花 
 2010.07.08 撮影

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード