のぶさんのデジカメ散歩

リタイア後の気侭な人生、デジカメ散歩を謳歌してます。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

鎌倉散歩 その1 ⑤

 建長寺は、鎌倉を代表する格式高い大寺院。広大な境内には多彩な見所があり、特に巨大な三門や法堂の天井に描かれた大迫力の雲龍図は必見。また、国宝の梵鐘や華麗な装飾の仏殿、招福・厄除けなど様々な御利益がある半僧坊なども見所となっている。花の名所としても有名で、桜や紅葉をはじめ、牡丹、ハス、サザンカなどが境内を彩り、樹齢750年のビャクシンは鎌倉市の天然記念物に指定されている。(こちらのサイトから引用しました。)

005 鎌倉巡り 20150301-041

005 鎌倉巡り 20150301-042

総門(巨福門) 1783年の建立で、1943年に京都の般舟三昧院から移築された門。扁額に書かれた「巨福山」の文字は、第十代住職・一山一寧の筆。「巨」の文字に勢いで加えられた「、」は別名「百貫点」と呼ばれ、百貫の価値があるとされる。

005 鎌倉巡り 20150301-0043

三門(山門) 高さ約30mの巨大な三門(重文)。 1775年に再建され、銅板葺の二階建て。仁王像も門扉も壁もない簡素な造りが特徴で、複雑に木を組み合わせた建築の細部も見所となっている。
門の下には、自分の悪いところを撫でると良くなるといわれる「おびんづるさま」が安置されている。

005 鎌倉巡り 20150301-044

005 鎌倉巡り 20150301-045

梵鐘 三門に向かって右側にある茅葺の鐘楼に吊るされた高さ約2mの巨大な鐘(国宝)。建長寺創建時から残る数少ない遺産のひとつで、刻まれた銘文は建長寺を開山の蘭渓道隆が書いたもの。円覚寺・常楽寺と並ぶ鎌倉三名鐘。

005 鎌倉巡り 20150301-046

005 鎌倉巡り 20150301-047

仏殿 本尊の地蔵菩薩坐像を祀っており、現在の建物は東京の芝にある増上寺から移築されたもの(重文)。もとは徳川秀忠の夫人「お江」の霊屋で、禅宗様式の仏殿建築ながら江戸時代初期の華麗な装飾が施されている。地蔵菩薩坐像は坐高約2.4mで台座を含めると5mにもなる巨大な仏像。また、室町時代につくられた格子天井の花鳥図も必見。

005 鎌倉巡り 20150301-048

005 鎌倉巡り 20150301-049

005 鎌倉巡り 20150301-050

法堂 約80畳の大迫力の雲龍図
1814年の建立された大型の禅宗様の建物(重文)。天井には約80畳にも及ぶ雲龍図があり、日本では珍しい五爪の龍は迫力満点。通常、禅宗では法堂に雲龍図を掲げるが、建長寺には存在しなかったため、創建750年記念事業の一環として1996年に小泉淳作によって描かれた。


北鎌倉駅周辺:神奈川県鎌倉市
Panasonic LUMIX GH3 14mm-140mm(35mmフイルムカメラ換算 28mm-280mm)
2015.06.01 撮影
【 2015/06/06 (Sat) 】 鎌倉散歩 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

黒ねこ時計 くろック B03
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

のぶさん

Author:のぶさん
のぶさんのブログへようこそ!
Doblog から引越し、早いもので6年を経過し、訪問者も延べ10万人を超え喜んでおります。
千葉市に住み39年、気侭にデジカメ散歩を楽しむ、のぶさんは、孫から、ジイジと呼ばれております。
これからも、元気の証としてブログに写真投稿を続けます。(2015.06.16)

写真は、桔梗の花 
 2010.07.08 撮影

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード