のぶさんのデジカメ散歩

リタイア後の気侭な人生、デジカメ散歩を謳歌してます。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

鎌倉散歩 その1 ⑥

 煌びやかな唐門そして方丈を東京芝の増上寺や京都の般舟三昧院から移築された建物を興味深く見学&撮影をし建長寺を後にし、来た道を30分ほど戻りJR線の踏切を渡り右折すると直ぐ左に臨済宗円覚寺派の浄智寺があります。
 浄智寺が創建された137世紀の終わりごろの鎌倉は、北条氏の勢力がきわめて盛大で禅宗がもっとも栄えた時期と言えます。 延文元年(1356)の火災で,当初の伽藍は焼失したが,室町時代には方丈,書院,法堂など主要な建物や塔頭があった。しかし関東大震災で殆ど,倒壊し,現在は三門・楼門や新しい仏殿・方丈・客殿等が伽藍を形造っています。

006 鎌倉巡り 20150301-051

006 鎌倉巡り 20150301-052

唐門 方丈入口にある門で、仏殿と同じく増上寺の徳川家忠の夫人「お江」の霊屋から移築された(重文)。2011年5月に保存修理が完了し、全面に飾金具が付けられていた当時の煌びやかな姿が再現されている。

006 鎌倉巡り 20150301-053

006 鎌倉巡り 20150301-054

方丈 1943年に総門とともに京都の般舟三昧院から移築された建物。方丈の裏には開山・蘭渓道隆が作庭したと伝わる美しい庭園が広がっている。この庭園の池は「心字池」と呼ばれ、禅の心を視覚で体感するためのもので、真上から見ると草書の「心」の形になっている。

006 鎌倉巡り 20150301-055

006 鎌倉巡り 20150301-056

006 鎌倉巡り 20150301-057

浄智寺の山門は、鎌倉でも珍しい花頭窓の鐘楼門。銅鐘は、龍頭が鐘全体にくらべて小さく、かつ繊細な感じのする鐘で、暦応3年(1340年)の銘のあるもの。県の重要文化財に指定されている。

006 鎌倉巡り 20150301-058

浄智寺の仏殿は、「曇華殿」(どんげでん)と呼ばれている。 曇華殿前の3本の「ビャクシン」は、市の天然記念物。

006 鎌倉巡り 20150301-059

006 鎌倉巡り 20150301-060

浄智寺の庫裡は、茅葺きで趣のある建物です


北鎌倉駅周辺:神奈川県鎌倉市
Panasonic LUMIX GH3 14mm-140mm(35mmフイルムカメラ換算 28mm-280mm)
2015.06.01 撮影
【 2015/06/07 (Sun) 】 鎌倉散歩 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

黒ねこ時計 くろック B03
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

のぶさん

Author:のぶさん
のぶさんのブログへようこそ!
Doblog から引越し、早いもので6年を経過し、訪問者も延べ10万人を超え喜んでおります。
千葉市に住み39年、気侭にデジカメ散歩を楽しむ、のぶさんは、孫から、ジイジと呼ばれております。
これからも、元気の証としてブログに写真投稿を続けます。(2015.06.16)

写真は、桔梗の花 
 2010.07.08 撮影

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード