のぶさんのデジカメ散歩

リタイア後の気侭な人生、デジカメ散歩を謳歌してます。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

銀ブラ散歩 ⑥

浜離宮恩賜庭園は、潮入(しおいり)の池と二つの鴨場(かもば)をもつ江戸時代の代表的な大名庭園。江戸時代には江戸城の出城としての性格もあわせもち、城郭の構造を今も残しています。潮入の池とは、海水を導き、潮の満(み)ち干(ひ)によって池の趣を変えるもので、海辺の庭園で多く用いられていた様式です。 旧芝離宮恩賜庭園、清澄庭園、旧安田庭園なども昔は潮入の池でした。しかし現在、実際に海水が出入りしているのは、ここだけです。浜離宮は、この大名庭園を中心にした南邸と、明治時代以降に屋敷跡地に造られた簡素な北庭とに大別されます。
 この地は、寛永年間(1624~1644年)までは、将軍家の鷹狩場で、一面の芦原でした。ここに初めて屋敷を建てたのは、四代将軍家綱の弟で甲府宰相の松平綱重。承応3年(1654年)、綱重は将軍からこの地を賜り、海を埋め立てて甲府浜屋敷と呼ばれる別邸を建てました。その後、綱重の子供の綱豊(家宣)が六代将軍になったのを契機に、この屋敷は将軍家のものとなり、名称も浜御殿と改められました。
 以来、歴代将軍によって幾度かの造園、改修工事が行われ、11代将軍家斉のときにほぼ現在の姿の庭園が完成しました。
 明治維新ののちは皇室の離宮となり、名前も浜離宮となりました。その後、関東大震災や空襲によって、大手門、御茶屋など数々の建造物や樹木が損傷し、往時の面影はなくなりましたが、昭和20年11月3日、東京都に下賜され、翌21年4月1日整備のうえ有料公開を開始しました。なお、国の文化財保護法に基づき、昭和23年12月には国の名勝及び史跡に、同27年11月には周囲の水面を含め(指定面積32.4ha)、国の特別名勝及び特別史跡に指定されました。

006 銀ブラ 20151012-051

006 銀ブラ 20151012-052

庭園の背後に汐留タワーをはじめ多くの高層ビルが林立しております。

006 銀ブラ 20151012-053

浜離宮恩賜庭園には「集会施設」として「芳梅亭」があります。
利用日の6ケ月まえから受け付けております。ご利用をお待ちいたします。
利用明細は浜離宮恩賜庭園ホームページ「施設について」をご覧ください。

006 銀ブラ 20151012-054

お伝い橋は、庭園のメインである潮入の池にかかっており、潮入の池の岸と中島を結びます。中島には「中島の御茶屋」があります。中島のお茶屋では、抹茶をいただくこもできます。

006 銀ブラ 20151012-055

006 銀ブラ 20151012-056

中島の茶屋から、勝鬨方面をのぞむ。

006 銀ブラ 20151012-057

抹茶(和菓子付 @720円)をいただく。この日は、多くの外国人を含む人々が長蛇の列をなしておりました。

006 銀ブラ 20151012-058

潮入り池に架かる、お伝い橋(現在の橋は、橋長約118mの総檜造りです。)と中島の茶屋

006 銀ブラ 20151012-059

006 銀ブラ 20151012-060


東京都中央区
CANON EOS-M3 18mm-55mm、55mm-200mm
2015.10.12 撮影
【 2015/10/18 (Sun) 】 東京散歩 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

黒ねこ時計 くろック B03
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

のぶさん

Author:のぶさん
のぶさんのブログへようこそ!
Doblog から引越し、早いもので6年を経過し、訪問者も延べ10万人を超え喜んでおります。
千葉市に住み39年、気侭にデジカメ散歩を楽しむ、のぶさんは、孫から、ジイジと呼ばれております。
これからも、元気の証としてブログに写真投稿を続けます。(2015.06.16)

写真は、桔梗の花 
 2010.07.08 撮影

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード