のぶさんのデジカメ散歩

リタイア後の気侭な人生、デジカメ散歩を謳歌してます。
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

浅草寺~お台場 その3

浅草寺境内には、九つの諸碑があるそうですが、平和の時計、鳩ポッポの歌碑、瓜生岩子の像、市川団十郎像などを撮影し、それぞれの設置された由来をサイトで調べてみました。

003 浅草界隈 20160317-021
鳩ポッポの歌碑は、昭和37年(1962)に作詞の舞台となった浅草寺本堂の西側に建立されました。童謡「鳩ポッポ」は、作詞家である東くめ女史が、浅草寺の境内にて鳩と戯れている子供たちをみてこの歌詞を書き、滝蓮太郎により作曲されました。

003 浅草界隈 20160317-022
影向堂
観音さまのお説法やご活躍に不断に協力されている仏さま方を「影向衆(ようごうしゅう)」とお呼びし、これらの仏さまをおまつりするお堂。旧影向堂は、現淡島堂で二天門の脇にあった。現在のお堂は、平成6年(1994)、浅草寺中興開山慈覚大師円仁(えんにん)さまのご生誕千二百年を記念して建立された。鉄筋コンクリート寄棟造り、錣(しころ)屋根本瓦葺。内陣須弥壇(しゅみだん)中央に聖観世音菩薩、その左右に生れ年(干支)ごとの守り本尊八躰をまつる。
堂内には浅草名所(などころ)七福神の内の大黒天をお祀(まつ)りし、また浅草寺の御朱印所も併設されており、ご朱印をお求めになるご信徒の方々も大勢お参りになる。

003 浅草界隈 20160317-023
六角堂
六角堂は、『浅草寺誌』(文化十年編)元和四年(1618)の建立とあり、江戸時代初期の建築と考えられ、浅草寺内で最古の遺構である。木造で単層の六角造り瓦葺き形式で、建物中央の直径は1.82mあり、一面の柱真々は0.91mである。
建物の基礎は、六角形状に廻した土台を布石の基礎で支え、その下部に十一段の石積みをした1.5m余りの井戸状の穴が掘られている。六角堂という特異な形式であり、都内においては違例の少ない建造物で、貴重な文化財である。
もとは東方21.8mの場所(現影向堂の南基壇上に元位置の明示あり)に建っていたが、平成六年十月境内整備のためにここに移された。

             003 浅草界隈 20160317-024
写経供養塔
浅草寺では、昭和33年の本堂落慶を記念して、「観音経写経運動」を発願しご信徒各位にお写経をお勧めしており、ご奉納いただいたお写経は、毎年10月の写経供養会にてご本尊観音さまの御宝前に奉安され、供養されている。
平成6年に造立されたこの宝塔型の写経供養塔には、その年にご奉納されたお写経の経題 ( きょうだい ) と巻数 ( かんず ) とを記した「目録」をご奉安し、ご信徒各位のお写経の功徳を後世に伝え賛嘆 ( さんたん ) している。
(案内板より)

003 浅草界隈 20160317-025

003 浅草界隈 20160317-026
瓜生岩子像
瓜生岩子(うりゅういわこ。1829~97)は福島県会津に生まれ、その半生を社会福祉事業にささげた。児童教育や女性・貧民救済などの社会福祉事業の推進に努め、晩年の明治29年(1896)には、藍綬褒章を女性としては初めて受賞している。
この像は、岩子の善行をたたえ、実業家の渋沢栄一(1840~1931)らの助力のもと、明治34年(1901)に完成した。教育家として女性の地位向上に尽力した下田歌子(1854~1936)の撰文が台座に刻まれている。

003 浅草界隈 20160317-027
薬師堂
慶安2年(1649)、江戸幕府第3代将軍徳川家光(1604~51)の再建による三間四方のお堂は「橋本薬師堂」と呼ばれ、浅草寺に現存する古建築の一つ。はじめ「北薬師」といったが、将軍御成りの時、かたわらに小さな橋が架かっていたことから、「北」よりもこの名前の方がよかろう、と名付けられたといわれる。薬師如来のほか、薬師の十二の大願に応じて現れた分身「十二神将(しんしょう)」、冥界で死者の罪業を裁く十王(じゅうおう)をまつる。

003 浅草界隈 20160317-028
銭塚地蔵堂
昭和39年(1964)再建の堂内に、四角い石塔の上に石の六地蔵尊をまつる。
享保年間(1716~35)摂津国有馬郡の山口某の妻が、庭先で「寛永通宝」がいっぱい入った壺を掘り当てたが、これに頼って働かずにいては家が滅びると思い、土中に埋め戻した。この心掛けによって一家は繁栄したので、その壺の上に地蔵尊をまつったという。銭塚地蔵尊は、そのご分身を勧請(かんじょう)したもので、商売繁昌を祈願する人が多い。石塔の下には「寛永通宝」が埋められているといわれる。これが「銭塚」の名の由来である。毎月「4の日」に法要が営まれ、特に正・5・9月の24日は「正五九」の大法要がある。
参拝者は塩とお線香、お灯明のローソクを分けてもらってお供えする。特に塩をあげることから「塩なめ地蔵」の名がある。塩でお地蔵さまの御身を清めるのだという。

003 浅草界隈 20160317-029
一言不動尊
「ひとことふどう」と読む。何か願い事一つに限って祈願すると、その願いがかなうとされている。

003 浅草界隈 20160317-030
「暫」像
この像は、「劇聖」と賞賛された明治時代の歌舞伎役者、九代目市川団十郎(1838~1903)の十八番「暫(しばらく)」の銅像である。 現在の像は、十二代目市川団十郎(1946~2013)襲名を機に復元されたものである。歌舞伎愛好者のみならず、多くのご信徒に親しまれている。


浅草寺:東京都台東区
Panasonic LUMIX GH3 14mm-140mm(35mmフイルムカメラ換算 28mm-280mm)
2016.03.17 撮影
【 2016/03/20 (Sun) 】 東京散歩 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

黒ねこ時計 くろック B03
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

のぶさん

Author:のぶさん
のぶさんのブログへようこそ!
Doblog から引越し、早いもので6年を経過し、訪問者も延べ10万人を超え喜んでおります。
千葉市に住み39年、気侭にデジカメ散歩を楽しむ、のぶさんは、孫から、ジイジと呼ばれております。
これからも、元気の証としてブログに写真投稿を続けます。(2015.06.16)

写真は、桔梗の花 
 2010.07.08 撮影

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード