のぶさんのデジカメ散歩

リタイア後の気侭な人生、デジカメ散歩を謳歌してます。
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

日本の伝統 2017 新春

展示内容が変わった本店ショーウィンドーギャラリーです。

日本の伝統 20170108-001
 京葉銀行ショーウィンドーギャラリーでは、「日本の伝統」をテーマに、私たちの暮らしの中にみられる伝統的な❝もの❞をご紹介しております。
今年度のテーマは「日本のものづくり/伝わる場所」❝ものづくり❞としての伝統が伝わる場所に焦点を当てながら、伝統工芸品などが生み出された時代背景や文化、受け継がれてきた歴史とともに、技と美で作られた❝もの❞、現代の新たな感性をとりいれた❝もの❞で季節を表現いたします。
 今回のテーマは「あたたかな冬」。寒い日に家族で囲むお鍋、仲間で酌み交わすお酒、あたたかい場所には自然と人が集まり、心まであたたかくなります。寒いからこそ感じられる❝あたたかさ❞を皆様にも感じていただければ幸いです。

日本の伝統 20170108-002

あたたかな冬

南部鉄器×岩手県
起源:江戸時代
場所:岩手県盛岡市
<ものと場所の繋がり>
盛岡では、鉄器の原材料である良質な砂鉄などが産出されることから、南部鉄器づくりが盛んになりました。江戸時代には鉄瓶といえば南部鉄器といわれるほど有名になり、盛岡は鋳物(いもの)の町として発展してきたのです。

伊賀焼×三重県
起源:奈良時代
場所:三重県伊賀市
<ものと場所の繋がり>
伊賀焼の土鍋が耐火性に優れているのは、土の特性です。伊賀市には昔、琵琶湖の祖とされる大山田湖がありました。湖底の土が有機物を多く含むため、焼きあげると細かな穴ができ、高温でも割れにくくなるのです。

本納絵馬×千葉県
起源:江戸時代
場所:千葉県茂原市
<ものと場所の繋がり>
本納絵馬は、江戸時代に初代矢部久右衛門(やべきゅうえもん)が茂原市本納で創業し、現在に伝わっています。古事記にも登場する弟橘姫(おとたちばなひめ)(日本武尊(やまとたけるのみこと)の妃)の御陵もある本納、橘樹神社(たちばなじんじゃ)に二代目翠堂(すいどう)氏の大絵馬が奉納されています。

菰樽(こもだる)×兵庫県
起源:江戸時代
場所:兵庫県尼崎市
<ものと場所の繋がり>
現代では、鏡開きに欠かせない菰樽(こもだる)ですが、尼崎市では昔から農家の冬の仕事として菰(こも)縄作りが盛んに行われていました。酒どころの灘や伏見に近いこともあり、菰樽作りが伝統産業として根付いています。

尾州織×愛知県 
起源:奈良時代
場所:愛知県尾州(尾張)地区
<ものと場所の繋がり>
尾州織は、昔の尾張国である一宮市を中心とした尾州地区で作られる毛織物です。木曽川の水と肥沃(ひよく)で温暖な尾張平野が、麻や綿の栽培に適した土壌を生み出し、尾州地区は、繊維産業が盛んになりました。

日本の伝統 20170108-003

日本の伝統 20170108-003-02
南部鉄器 (なんぶてっき)
 南部鉄器は、現在の盛岡市で江戸時代から作られ始めました。南部藩が茶道の釜を作る釜師を京都から盛岡に招き、茶の湯釜を作りました。その後、茶の湯釜を小さくし、取っ手と注ぎ口をつけた鉄瓶となったことで、南部鉄器として全国に知られるようになりました。
 展示品は、明治時代から大正時代にかけて考案された南部型という形です。その胴が垂れ下がったような形は、南部鉄器を代表するデザインです。特徴である霰文といわれる文様は、真鍮の細い棒を使い、鉄を流し込む鋳型に小さなくぼみを何千とつけてできあがる職人技です。保温性に優れた鉄器は、手軽に鉄分が取れることからも、近年人気が高まっています。鉄瓶を沸かす味わい深い音と、立ち上がる湯気があたたかさを感じさせてくれます。

日本の伝統 20170108-004

日本の伝統 20170108-004-02
本納絵馬 (ほんのうえま)
本納絵馬は、現在の茂原市本納で、江戸時代後期に創業され継承されてきました。本納絵馬を制作する矢部家の五代目である日本画家の矢部宏さんが、室内装飾用の絵馬という形に発展させました。一枚一枚日本画として手描きされる絵画性の高い絵馬です。
 馬は昔から神の乗り物として、祈願する際に奉納されていました。やがて馬の代わりに、精霊が宿ると信じられた木の板に馬の絵を描き、家の形をした屋根形が一般的になりました。
 今年は酉年。鶏は❝明けの鳥❞ともいわれ、新しい年に一番最初に鳴くとこから縁起が良いとされ、幸せを取りこむともいわれます。展示品の絵馬の鶏のように心あたたまる年にしたいものです。

日本の伝統 20170108-005

日本の伝統 20170108-005-02
菰樽 (こもだる) 
鏡開きに使われる菰樽は江戸時代を起源としています。当時、灘、伊丹、伏見のお酒が江戸で人気となり、船で酒樽を運んでいたのです。酒樽を運ぶ際、樽がこわれないよう、藁で編んだ菰(むしろ)を巻きつけました。巻き付ける菰には、日本酒の銘柄ごとの特徴を焼きつけた印菰という、現在のラベルにあたるものがデザインされるようになりました。最近では趣向を凝らしたデザインや、松竹梅、鶴亀、富士山などを使った日本らしい柄も人気です。
展示品は、数少ない菰樽作りの一軒である尼崎の岸本吉二商店の熟練した職人技により作られた菰樽です。おめでたく華やぎのあるデザインは、幸せな気分をもたらします。

日本の伝統 20170108-006

日本の伝統 20170108-006-02
尾州織 (びしゅうおり)
尾州織は、現在の愛知県北西部の一宮市を中心とした地域で発展した織物です。歴史は古く、奈良時代には麻が織られ、その後、絹が織られるようになりました。江戸時代になると綿織物が盛んになり、秋になると尾張平野は一面、白色の綿花で覆われていました。明治時代からウールを使った毛織物が作られ始めると、普段着としてよく着られるようになりました。
尾州織は、時代の変化にその都度対応する柔軟さで、伝統工芸品として発展し、現在では、尾州の毛織物は全国一の生産量を誇ります。
展示品である尾州織のウールの着物は絹と比べるとシワになりにくく、保温性、撥水性にも優れています。シンプルなデザインながら機能性を併せ持った美しい尾州織をご堪能ください。

日本の伝統 20170108-007

日本の伝統 20170108-007-02
伊賀焼き (いがやき)
熱に強い特性をもち、土の風合いが特徴の伊賀焼きは、歴史も古く奈良時代が始まりとされています。当初は日用のお皿やお鍋などが作られていましたが、桃山時代には伊賀国領主のもと、茶道具の水指や花入れが焼かれるようになりました。これが後に、川畑康成が日本文化の代表と絶賛した古伊賀です。
そして江戸時代になると、再びお皿やお鍋が中心となり、現在の伊賀焼きにつなががっていきます。
展示品は、伊賀焼きの中でも優れた技術と伝統をもつ土楽窯で作った土鍋です。ぬくもりのある素朴さを兼ね備えた❝ねぎぼうず❞という名前のこの土鍋は、使うほどに趣きのある色合いの変化を見せます。寒い日の鍋料理は冬の楽しみのひとつです。

* 古伊賀とは、古い時代の伊賀焼のことで桃山時代に焼かれたものを指します。


京葉銀行本店営業部 : 千葉市中央区
Panasonic LUMIX GH3
2017.01.08  撮影
【 2017/01/18 (Wed) 】 日本の伝統 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

黒ねこ時計 くろック B03
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

のぶさん

Author:のぶさん
のぶさんのブログへようこそ!
Doblog から引越し、早いもので6年を経過し、訪問者も延べ10万人を超え喜んでおります。
千葉市に住み39年、気侭にデジカメ散歩を楽しむ、のぶさんは、孫から、ジイジと呼ばれております。
これからも、元気の証としてブログに写真投稿を続けます。(2015.06.16)

写真は、桔梗の花 
 2010.07.08 撮影

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード